Open Gate

社員K:会社の雰囲気などを少し話します

社員Kです。私個人の感想ですが、会社の雰囲気などを少し話します。

神保町駅のA4出口から地上に出て、1分ほどでSP神保町ビルに着きます。その5階にオープンゲートはあります。

始業は午前10時。人それぞれですが、私は30分くらい前には会社に着くようにしています。18時終業。早めに帰れるかどうかは、仕事の立てこみ具合によります。残って仕事をするのも、早めに帰るのも自由です。もちろん自分の仕事の責任を果たすことが前提です。

写真:SP神保町ビル 入口

出社するとまず、窓を少し開け、新鮮な空気を入れます。
目の前には新しく建った「出版クラブビル」。堂々としています。

写真:出版クラブビル

このオフィスは、窓が広く開放的なのが気に入っています。
仕事中、ときおり外を眺めます。空が青い!とか雨が振りそうだ、とか雨だ!とか。

さて部屋の様子ですが、まだ社員が少なく、スペースはたっぷりあります。
あと何人か入社しても余裕で机の配置ができそうです。

写真:オフィスの様子。開放的な広い窓!

2018年7月23日に事務所がオープンしました。
多くの方にさまざまな形でサポートをしていただき、比較的恵まれた形でスタートすることができたと思います。深くお礼を申しあげます。
でも私はあまり関係なくて、代表者の人脈ですけど。

はじめからいくつも仕事をいただきました。いただいた仕事で会社の体力をつけながら、自社コンテンツを準備していきます。いろいろ企画中です。いちおう出版社ですので。

本を作るだけでなく、動画を活用する、アプリで本や動画にはできないことを実現する、ウェブサービスを提供する、そしてこれらのメディアを融合し、より学習者の役に立つような語学コンテンツづくりを目指します。そんなふうにして読者との距離を縮めることができればいいなと思っています。

会社がどんなふうに成長していくのか、その成長に個人としてどれだけ関わっていけるのか、これからどんな人が入ってくるのだろうか。いろいろと今後が楽しみです。

写真:キューリグのコーヒーメーカー